高価買取のコツ!高く売れる宝石の種類や豆知識などをご紹介

自宅に宝石が付いているネックレス、リング、ピアスが不要になり、買取専門店を利用したいけれど価値があるのか不安を感じてしまいます。 透明度やクラリティーが高く、重量や大きさのあるダイヤモンドは一番査定額が上がる宝石です。 鑑定書が付いており希少性の高い産地のサファイヤ、ルビー、エメラルドなども高値が付くことがあります。 一見するときれいな色の宝石でも種類によっては、価値が低く値段が付かないこともありますが、一度査定を依頼すると良いでしょう。

ダイヤモンド・ルビーなど高額買取される宝石の種類とは

使わない宝石は、買取専門店に持参して査定を受けると高値が付く可能性があります。 ダイヤモンドやルビー、サファイアは高値が付きやすい宝石です。 昔から根強い人気を誇るダイヤモンドは最も硬い鉱物で、美しい輝きを放っています。 屈折率が高くて傷に強いダイヤモンドは、無色透明から茶色まで様々な色があります。 鮮やかな赤色が特徴のルビーは、ダイヤモンドの次に硬い鉱物です。 サファイアは青色が最も広く知られていますがピンクや緑、黄色など様々な色のサファイアが存在します。 宝石を高く売りたい場合は、事前に確認する大切なポイントがあります。 買取相場は変動するため、売るタイミングによって査定額に大きな差が出ます。 基準が明確なダイヤモンド以外の宝石は査定が難しく、査定を受ける店舗によって価格が異なります。 プラチナや金も使われているジュエリーは、貴金属の相場も関係します。 専門店の査定は無料なので、店舗に持参して正確な価値を確認してから売るのが基本です。

宅配買取・オンライン買取など宝石の買取方法について

宝石の買取は店舗に直接品物を持参して査定を受ける他にも、自宅に居ながら申し込みができる方法が用意されていることがあります。これならばお仕事が忙しく営業時間に来店するのが難しい方や、近くに支店が無い方でも申し込むことが可能です。宅配買取では宅配便を利用して品物を店舗まで送付し、査定を受けられるものです。お店によっては宅配キットを注文でき、ダンボール箱や送り状のラベルなどを事前に贈ってもらうことができ、対象の品物を梱包してラベルを貼付し宅配事業者に集荷に来てもらうだけです。一方、昨今になって増えているのが、オンライン買取です。公式ウェブサイトの申し込みフォームやメッセージアプリを使用して対象の品物の写真を送付すれば簡易査定が実施され、おおよその金額を提示してもらえます。これに納得できれば宅配便で品物を送付し、本査定が実施されます。これらのような自宅に居ながらにして宝石の査定をしてもらえる手段が登場したことで、お得に現金化する方が増えています。

宝石の買取は付属品を揃えて買取実績が豊富な専門店に依頼するのがコツ

宝石の買取で良い取引きをするには、高く売るためにいくつかのコツがあります。その中でも、付属品と買取実績が豊富な専門店に依頼することは価格をアップさせるために重要なポイントです。価格は、付属品の有無によって左右されます。売るの際には鑑別書や保証書、箱や袋などを揃えておきましょう。鑑別書は品質を証明する書類で、鑑別書があればダイヤモンドなどが本物であることが証明され、価格がアップする可能性が高くなります。保証書は、宝石を購入した際に付属する書類であり、保証書があれば購入時期や購入先を証明できるので価格にプラスの影響を与えます。箱や袋は、品物を保管する際に役立つだけでなく、宝石の価値を高める効果もあります。宝石を売るときは、取り引き実績が豊富な専門店を選びましょう。ダイヤモンドなどの査定経験が多いと、価値を見極める能力が高くなるため、正しく評価することができます。高く売るためには、本体に付属していた物を揃えたり、実績が豊富な専門店に依頼することをおすすめします。

有資格者が在籍する等おすすめの宝石買取業者の特徴とは

宝石買取業者で査定を担当する鑑定員は、豊富な知識と実績を誇っているのはもちろんのこと、有資格者であれば安心です。持ち込んだ品物の価値を適正に判断してもらえるという信頼感があれば、査定額が出された際に納得できます。疑問に感じる点があれば説明を求めることができ、なぜそのような価格になったのかプラス要因とマイナス要因について丁寧に説明してもらえます。しかし、それらの資格の中には業界が独自に策定したり、チェーン店が独自に開設したものも少なくないことから、それによってどんな技量があるのか判断するのが難しい場合もあります。そんな中でも高い信頼性を誇っているのが、世界で最も権威がある米国宝石学協会などの認定資格を持っている鑑定員です。業界関係者なら誰もが知っている著名な資格で、それを得るためには相応の知識と実務経験が必要です。そのような鑑定員が査定を実施した後に弾き出された金額ならば納得でき、気持ちよく大切な宝石を売却できます。

遺品整理で出た宝石の買取方法

遺品整理の際に宝石が見つかった、ということは珍しいことではありません。現代は遺品整理業者に買取を依頼することも出来ますが、宝石の価値は専門の鑑定士の査定を受けた上で判断すべきです。宝石はその希少性と市況によって買取価格が変動します。加えて、ダイヤモンドのような資産性の高いものは鑑定士の詳しい知識が無ければ、正しい価値を把握することが難しいものです。専門店での鑑定をぜひ、お勧めします。 宝石の価値はさまざまな項目で決まるものです。産地や希少性、それにカットの美しさや透明度、市場での需要の有無などを把握した上で価格が決まります。人工ではなく天然のものであることを示す鑑別書があれば、査定の際に持参することもお勧めです。ダイヤモンドの場合は鑑定書があり、鑑別書より信頼性が高くなります。故人の持ち物からこうした書類が見つからなかった場合は、そのまま鑑定を依頼しても問題ありません。手放す場合は、親族などに一言伝えるほうがトラブルを回避することが出来ます。

相続した宝石は買取専門店で査定してもらう

マンションなどの不動産や現金以外に、宝石を相続するケースもあります。相続したものの宝石を使う機会がない場合は、買取専門店に売る方法も選択できます。ダイヤモンドは宝石の中でも特に需要が高く、査定基準が明確なので売りやすいです。査定額は選択する買取専門店によって異なるので、複数の店で査定を受ける方が有利になります。店の選択も大切で、国際認定資格を持つ一流の鑑定士なら安心です。 実績も重要で、できるだけ実績が豊富な店舗を選択します。 ダイヤモンドの価値は、カラーやカットなど4種類の要素で決まります。 箱や鑑定書、保証書を持っている場合は一緒に売るとプラス査定が期待できます。店によっては、交渉次第で査定額が上がる可能性もあります。 メールや電話で簡易査定を行っている店だと、持っているダイヤモンドジュエリーの価値を売る前の確認できます。 宝石だけでなくブランド品や骨董品、着物なども取り扱っている店なら自宅の不要品を一緒に売れます。

リング・ネックレスなど宝石買取専門店で取り扱うジュエリーの種類

女性であれば誰しもジュエリーや宝石に興味があり、一つや二つは持っていることでしょう。特に男性とお付き合いしたり、結婚していると誕生日や記念日などにパートナーから贈られることもあり、非常に思い出深い品になっているはずなのです。しかし人生とはいたずらであり、時として愛する人と別れたりさよならしなければならない時もあります。この際に困っていしまうのが贈られた宝石類をどのように処分するかという問題です。ここでお勧めしたいのは買取専門店に売却してしまうことをお勧めします。専門店ではあらゆるジュエリーを買い取り対象としています。具体的にどのような種類があるかというと、ネックレスやリングのほかピアスにイヤリング、ブレスレットにアンクレット、ボディピアスなども対象になります。女性ものばかりと思う人もいますがメンズの物も買い取り対象となるのです。高額査定を期待するのであれば鑑定書を持参したり、ハイブランドのものを持っていくとよいです。

シャネル・アルマーニなど宝石買取業者で人気のデザイン

現代はゴールドの買取価格が史上最大の高値をマークするようになっています。これにはたくさんの党員が考えられるのです。まず一つは採掘量の減少であったり、ロシアをはじめとする戦争有事があることなども考えられます。もし家に使わない貴金属や宝石などがあれば、今が正に売り時であるといえるでしょう。宝石も地金だけでなく、そこにセッティングされているルースも高値をマークするようになってきています。ダイヤモンドは特にロシアが輸出制限をかけるようになっていることもあり、このような現象がみられます。買取業者は連日大盛況であり、たくさんの貴金属などが持ち込まれるようになっているのです。中でもシャネルやアルマーニ、ヴィトンやディオールといったハイブランドが手掛けるジュエリーの買い取りは業者も積極的です。シャネルであるとカメラをかたどったデザインで、プラチナ台やゴールド台に高品質のダイヤモンドがあしらわれていると非常に高額査定が期待できます。

各地域で期間限定で行われる宝石の催事買取について

宝石の買取は、通常なら買取専門店などで取り引きが行われます。しかし、各地域では期間限定でダイヤモンドやエメラルド、ルビーなどの宝石を扱う催事買取を実施する業者も少なくありません。催事買取のメリットは、高額査定が期待できることです。通常、専門店では常時在庫の確保や人件費、お店の運営などのコストがかかるため、査定額を抑える傾向があります。催事ならコストを大幅にカットできるため、その分を価格に上乗せしてくれる場合があります。催事では通常では査定してもらえないような種類も査定を受けられる可能性があるでしょう。古いデザインのジュエリーであったり、ダイヤモンドのカラットやグレードが低いジュエリーなどがそれにあたります。催事は、通常の価格よりも高額査定が期待できるチャンスです。直接話しをしながら取り引きができ、上手に交渉すればさらに高く売却できる可能性が高まります。各地域で開催される催事情報をチェックして、参加してみてはどうでしょうか。